転職・キャリアアップ

「キャリアプラン」を考えている人が、必ず最初に読むべき記事

これからの自分がどんな風になっていきたいのか、考えていませんか?

ずっと今の仕事をしているという人は、「今のままでもいいかもしれないけど、本当にこのままでいいのかなあ。」と思ったことがあるのではないでしょうか?

 

いざ、「今後の人生の計画を立てよう!」と思った時「何をしていきたいか?」「どんな風に進んでいったらいいのだろう」と将来に漠然とした不安がある人が多いです。

そこで今回の記事では、将来に漠然とした不安を抱えている人が、これからの未来が楽しく感じられるようになる「キャリアプラン」を描くコツとポイントを解説します。

キャリアプランは、何をするべきか?ではなく最後にどうなりたいか?で考える

キャリアプランとは、言い換えると、人生についての計画です。

たとえば、「家を建てたい!」と思ったら、まず初めに「どんな家にしたいのか?」を描くことから始めますよね。

キャリアプランを考えるときも一緒で、まずあなた自身が「何をするべきか?」ではなく、「最後にどうなりたいか?」から逆算して考えるとイメージがしやすくなっていきますよ。

1年後の今日どうなっていたいか?を決めると、今からやるべきことが明確になってイメージできる

キャリアプランとは、人生についての計画のことです。

だけど、その計画が3年後、5年後、10年後の計画だとなかなかイメージがつかなくなってしまうので「計画はどれだけ長くても1年後に設定すること」をオススメします。

計画の立て方にも「良い例」「悪い例」があります。

1年後までには、・・・

  • 一人暮らしをしている
  • 昇給・昇格している
  • 起業している

1年後までには、・・・

  • 一人暮らしをしたい
  • 昇給・昇格したい
  • 起業したい

この「良い例」では、「完了形」で書いてあるのに対して「悪い例」では、「願望」として書かれています。計画は願っているだけでは実現できないものですので、書き方のコツとしては「したい!」ではなく「完了形で書く」と、計画にリアリティーが出てきます。

計画を実行に移す際のポイントを書き出す

計画完了形で書くことによって、次のような行動が浮かび上がってきます。

  • 一人暮らしをしている
    ⇒物件を見にいく
    ⇒引越しをする
  • 昇給・昇格している
    ⇒スキルアップのための勉強を始める
    ⇒自分に求められる以上のことを率先して行う
  • 起業している
    ⇒起業について学ぶ
    ⇒実際に社外でお金を稼いでみる

 

計画があることによって、これからどうしていくべきかが明確になりましたよね。

最後にこれだけは知っておいて欲しい事実があります

私がコーチングをしていて思うこととして、将来に漠然とした不安を抱えている人のほとんどは、今までの知識や経験でこれからのキャリアプランを考えていました。

このような時間の流れで人生の計画を立てています。

過去→現在→未来

実は、キャリアを充実させて人生を豊かにしている人は、逆。

未来→現在→過去

このように未来にどうなっていたいのかを決めて、そのために必要なプラスのキャリアを選び、変化しているんです。だから、同じことを同じ会社で続けるのではなく、新しい仕事にチャレンジしながら知識や経験を豊富に持つ女性として活躍しています。

キャリアプランとは、人生についての計画のことです

まとめると、

計画を立てる時には、「最後にどうなりたいか?」から考えます。

どれだけ長くても1年後までにどうなっていたいのかを「完了形」で書き出すことで、計画にリアリティーを出しながら、計画を実行するためのポイントを洗い出していきます。

私もこのことに気づいてからというもの、自分の人生にプラスになる仕事を持つことができました。あなたも自分と見つめ直して、これからの未来を楽しく彩りませんか?