Q.どんな風に「やり抜く力」を育てていますか?

A.目標と期日を決めること。そして、一人でやらないことです。

まずは、目標と期日を決めます。やり抜くために必要なのって、想いの強さだと思うんですね。つまり「やる理由」。いつでもやり抜き続けられているのは「なぜやるのか?」を一時も忘れないように対策しているからです。

例えば「今ここで私がやめたらどうなるのかな?」って考える。やめたときの自分と、やり抜いた時の自分をいつでも天秤にかけるんですね。私の場合は「ここでやめたらまた自分のことが嫌いになるかも」「やり抜かない私になったら自分を誇れないな」って思いますし、そんな自分が嫌なんです。そうやって天秤にかけて、「じゃあやり抜いたらどんな自分?やらなかったらどんな自分?」といつでも未来を想像する。そうして行き着くのが「続ける、やり抜く」という答えになっていました。

まずは、自分の「やる理由」を問いただしましょう。そして、それを忘れそうになった時は「これをやらなかったらどうなる?」って自分自身に問いかける。どっちの自分で在りたいのかを、明確にしていく。そうすると自ずとやり抜いていけるのかなと思います。

もう一つ言うと、一人でやらないことですね。私にもメンターがいますが、その人に「いつまでにこうします」と宣言をして、自分を追い込むんですよね。追い込んで、絶対にやらないと!っていう状況をつくっちゃう。そうすることでやり抜いてきました。それこそ、皆さんには私をつけていただいているので、「期日を決めてやり抜く」ことを訓練していっていただけたらいいのかなと思います。

まずは初回カウンセリングに参加する

初めてコーチングを受講される方、もしくは興味を持っている方は初回カウンセリングがオススメです。
お申し込み専用LINEからご予約ください。

コーチングに関する質問やご相談もチャットからご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる