Q.会社員時代につらいこと、大変なこともあったかと思いますが、どんな思いで仕事に行ってましたか?乗り越えるためにやってきたことはありましたか?

A.一つは自分との約束を守りたかった。そして “未来を描き続けていた” という点が一番大きいかなって思います。

会社員時代はつらいことも確かにありました。起業前は社労士事務所で働いていたんですけど、所長が女の方で、ものすごく仕事ができる人だったんですよ。映画『プラダを着た悪魔』のミランダみたいな感じ。仕事はできるんだけど、ちょっと人間性に難ありみたいな(笑)つらいこととしては、自分の時間が全然とれなかったり、パワハラで言葉の暴力も凄かったです。

じゃあどんな思いで仕事に行っていたか。私は、それまでいつも仕事が続かない人間で、転職を5回していた経験もありました。なので、その事務所に入る時に「絶対3年は続けよう」と自分で決めたんです。これまでは3年も続かず転々としてきたので、そんな自分を変えたくて「最低3年は!」と思って入りました。けれど、初日で「あ~ヤバイとこ入っちゃったな」って思ったんですよね。

けれど自分との約束だったから、絶対守りたかったんですよね。自分に負けたくなかったんです。決めたことを守らない自分になりたくなくって。どんなにつらくても、泣いても、どんな状況でも、決めたことだから「なにくそ!」「絶対やってやる!」って、そんな思いがありました。誰に言われたことでもなく自分で決めたことなので誰のせいにもしなかったし、ただただ自分との約束を守りたかったから、という想いで乗り越えられたのかなと思います。

結果的にその事務所には4年勤めて、そのうち最後の1年は “未来をとにかく描き続ける” ってことをしていましたね。最初の3年間は仕事を覚えてできるようになろうという気持ちでやっていたけど、しんどくなってきてからはずっと未来を描いていました。いつも本をお守りみたいに持ち歩いて読んでは、「ここは私のいる世界じゃないんだ」「こんな小さな世界じゃなくて、もっと自分がいける世界は広いはずだ」と信じて、未来を見つめ続けながら、やってきた。そうして、今の現実が手に入ったんです。

LSMコーチングを詳しく知る

初めてコーチングを受講される方、もしくは興味を持っている方は専用LINEにご登録ください。

コーチングに関する質問やご相談もチャットからご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる