【変わりたいけど変われない理由】自分を変えるコツと5つの方法

期間限定のお知らせ

自分に合った働き方がしたい。
でも、適職診断がしっくりこない!
という方へ

公式LINEアカウントをお友だち追加してくださった方に期間限定で「自分に合った働き方の答えを惹き出す21の質問」を無料でプレゼントしています。

変わりたいけど、行動ができなくて変われない

変わりたいけど、何をしたらいいのか分からない…

どうしたら自分を変える行動ができるようになるんだろう?

自分を変えたいけど、なかなか行動に移せない時ありませんか?

そして変われない自分が嫌いだと否定していませんか?

もしそうだとしたら、行動できないのは自分が悪いのではありません!

人間が持つあるメカニズムを理解すると自分を責めずに行動できるようになれます^^

こんな人にオススメ

  • 「変わりたい」と思うけど何をどう行動したらいいのか分からない。
  • 未来の不安や目先の楽しいことに負けて行動できない
  • いつまで経っても変われない自分が嫌い
  • 本当は自分を変えて、自信を持って自分らしく生きたい!
目次

変わりたいけど変われない理由

人は変わりたいと思っても、そう簡単に変わることは難しいです。

その理由を思考や意識の観点から説明します。

本当に変わりたいと思っていない

まずは心の奥では本当は変わりたいと思っていない可能性が考えられます。

痩せたい!もっとスリムになりたい!

でこう思っていたとしても……

美味しいものをたくさん食べたい!

心の中でこう思っていたら……

運動よりも食事の優先度が高くなり、体型を変えることはできません。

このように頭で考えたことよりも、

心で思っていることの方が強力で行動や思考に大きな影響を与えます。

頭で考えたことは「顕在意識心の奥底にあるものは「潜在意識と呼ばれています。

次にこの2つの違いを説明します。

顕在意識とは?

顕在意識は頭の中で「〇〇しよう」と今、自覚している意識のことです。

【顕在意識の特徴】『論理的思考』

  • 思考や行動ができる
  • 知性や理性がある
  • 自分で良い悪いの判断ができる

潜在意識とは?

潜在意識は無意識とも呼ばれており、自覚することは不可能です。

呼吸や内臓の働きといった生命機能の維持も無意識の領域です。

【潜在意識の特徴】『感情・感覚・直感』

  • 過去の経験や人から言われた言葉を全て記憶
  • 善悪の判断ができない
  • 時間の概念がない
  • 主語を認識できない
  • 否定形を理解できない
  • 望みをを叶えるために何でもする
  • 現実と理想の区別がつかない
  • 変化を好まない

潜在意識は自分の思考や行動に影響を与える

顕在意識と潜在意識にはそれぞれ役割や特徴がありますが、

人に大きな影響を与えるのは潜在意識です。

なぜなら顕在意識が3~5%潜在意識が95~97%

潜在意識が意識の大半を占めているからです。

論理的思考を司る顕在意識がたったの数%ということは

私たちは無意識の領域の影響を受けながら生きているのです。

この潜在意識は幼少期から今までにかけて

経験したことや言われたことを蓄積し、記憶しています。

特に子供の頃の記憶は、純粋な心で受け取っているので潜在意識に深く刻まれています。

これまでの信念を元に潜在意識が作られて

潜在意識を通して言葉や思考、感情、行動は生み出されています。

冒頭のダイエットの例で「痩せたい」と頭(=顕在意識)では思いつつ、

食べることを優先してしまうのは心(=潜在意識)が「食べたい!」と思っているからです。

そのため自分を変える行動を取るには

潜在意識と顕在意識を一致させることが重要です。

また過去や今の経験からネガティブな潜在意識を持っている人は

書き換えることも必要になります。

潜在意識による現状維持メカニズム

人の体は急激に暑くなると汗を出して体を冷やしたり、

寒くなると体を震えさせて体温を上げたりします。

これは急激な変化から自分を守るために体に備えられている仕組みです。

体と同じ仕組みが潜在意識にも備わっています。

潜在意識も急激な思考や行動の変化から身を守ろうとして

現状を維持する仕組みがあるのです。

潜在意識は良い悪いの区別を付けられません。

そのため痩せたいのに食べ過ぎてしまうことも悪いと思っていません。

むしろいつも食べているのに、急に痩せたいからと食事を少なくすることから

あなたを守ろうとしているのです。

つまりダイエットをしたいのに食べてしまうのは

あなたの意志が弱いのではなく、潜在意識が行動を止めているからなのです。

今持っている潜在意識を書き換えれば

あなたは 変わりたい 自分に変わるための行動を起こせるようになります!

変わりたいのに変われない人の特徴

行動は「潜在意識」が影響を与えていることをお伝えしました。

変わりたいのに変われない人は「潜在意識」に以下の信念を持っている可能性があります。

完璧主義

  • 幼少期に両親から褒められたことがない
  • 上手くいった時だけ褒められていた

いつも完璧じゃないと愛されない」「完璧にできない自分はダメという潜在意識が作られます。

最初から完璧にできないといけないという思い込みが強いと

行動のハードルが上がり動くことが億劫になってしまいます。

失敗を恐れて慎重になり過ぎる

  • 過去に大きな失敗をした
  • 恥ずかしい思いをした

このように失敗を経験してしまうと潜在意識では

あの時のような思いはしたくないと感じて

痛みから逃れるために行動しなくなります。

先延ばし癖がある

目先の楽しいことや誘惑に負けてしまい、本来やるべき行動を先延ばしにしてしまうと

期日がどんどん迫ってくることにプレッシャーを感じて余計に行動したくなくなります。

自分の未来がぼんやりしていて、何をすべきか分かっていない状態だと

目先の楽しいことに流されやすくなります。

また先延ばししてダラダラ過ごした自分を否定することにもつながります。

他人軸

これまでの人生で大事な決断を両親がしたり、

または決めさせてもらえなかったりすると他人軸になります。

他人軸だと次第にやらされている感が強くなり、行動が止まってしまいます。

またそれによって上手くいかなくなると人のせいにする傾向があります。

潜在意識下にある私は決められない、決めることが怖いという思い込みを外すことで

自分の意志が明確になり、自己責任で行動できるようになります。

自分を変えることができる人の特徴

自分を変えることができる人前向きな信念を潜在意識下に持っています。

完成主義

完璧主義ではなく完成主義です。

最初から完璧にできる人はいません。そして完璧には終わりがありません。

いつまでも完璧を追い求めて自分を責めて、行動を渋っていたら本末転倒です。

それよりもまずは6割できたらOK!と軽く捉える。

残りはやりながらブラッシュアップすればいいのです^^

完璧よりも完成を目指す

このマインドを持っておくとスムーズに動き出すことができます。

まずやってみる

自分を変えることができる人は慎重に考えてから動くのではなく、

動きながら考えることを大切にしています。

いくら入念に考えてもその通りになることは、ほとんどありませんよね。

それならばある程度道筋を立てて、まずやってみる!

そして想定と違う結果になったら、どうしたらいいかな?と考える。

こうして軽く動きながら軌道修正すれば行動量もスピードも上がって

慎重に考える人よりも早く結果を得ることができます。

小さく始める

まずやってみる状態を作りやすくするポイントは小さく始めることです。

  • 運動するためにウェアに着替えたらクリア!
  • まずは家の周りを1周したらクリア!
  • 勉強するためにノートをまず開いたらクリア!
  • 1行だけノートに書けたらクリア!

このようにまずやってみよう!」と思えるくらいまで細分化しておくと

その後もスイスイ動けるようになります^^

優先順位を明確にしている

行動できる人は常に優先順位が明確です。

まずは緊急かつ重要なものを書き出し、最優先に実行しましょう。

  • 明日締切の資料を完成させる
  • 午後の会議までにプレゼンの練習をする
  • お金の支払いを今日中に済ませる

最優先するタスクをある程度片付けたら

緊急ではないけど重要なものに時間を使うことも大切です。

  • 毎日7時間以上睡眠を取る
  • 週に3回はウォーキングをする
  • 自己啓発の本を読む
  • 英会話を勉強する
  • 家族や友人との時間を月1回作る

仕事やプライベートにおいても

「今何をしたら、満たされる?

「今何をしたら、成長できる?

「今何をしたら、望む未来につながる?

自分が得たいものを得るために今できることを軸に

行動を書き出して優先順位をつけましょう。

こうやって書き出すと、人は決断して動き出すことができます!

何をしようか…?と迷う時間も減らせます。

頭の中で考えるのではなく、書いて外に出してみてくださいね。

自分軸を持っている

自分を変えることができる人は自分軸をしっかり持っています。

自分は、どんな生き方をしたいのか。

自分は、どんな働き方をしたいのか。

自分は、どのような人で在りたいか。

自分が、大切にしたい価値観は何か。

自分が、叶えたい理想の未来は何か。

自分軸があるからこそ、自分のために行動できるようになります。

自分軸があるからこそ、壁にぶつかったとしても再び立ち上がって行動できます。

ぜひ自分と向き合って、自分の望む生き方や在り方を見つけていきましょう。

潜在意識に影響されずに自分を変える6つのコツ

人が新しい行動をするときに動き出せない原因の1つが

潜在意識による現状維持メカニズムです。

潜在意識が気付くレベルの大きな行動を起こそうとする

現状維持メカニズムが働いてしまいます。

逆に考えると、現状維持メカニズムが働かないコツを使えば

潜在意識に影響されずに自分を変える行動を取ることができるようになります。

ぜひこの6つを順番どおりに実践してみて下さい!

未来の結果を決める

まずはどんな未来を得たいのかを決めましょう。

「未来」を決めるとそこから逆算して「今」行動を起こすことができます。

① あなたが今、変えたいと思っていることは何でしょうか?

自分の体型、働き方、人間関係、思考…など思い浮かんだものを

まずはたった1つ選んでください。

自分の体型を変えたい!

② なぜ、あなたは①を選んだのですか?

自分がときめく服やアクセサリーを身につけておしゃれを楽しみたいから

魅力的な私になって、素敵なパートナーと出逢いたいから

③ どのように変わりたいですか?具体的に書き出しましょう。

体重よりもスタイルをスレンダーに変えたい

手足がすらっと細く、ノースリーブやミニスカートを自信を持って楽しめている

コンサバ系のお洋服を着こなして、上品な女性として振る舞っている

④ 叶えた時に自分が発している言葉や感情は何ですか?

どんなお洋服も似合う♪

私もお洋服も最高にキレイ!

おしゃれが楽しい^^

毎日お気に入りのお洋服で過ごせて幸せ

周りの人からキレイ!と褒められて嬉しい♡

自信がついて、ワクワクと人生を歩めている!

⑤ いつまでに叶えるか決めましょう!

1年後の□□□□年◯月△日にはスレンダーな体型でおしゃれを心から楽しむ私になる!

このようにただ 変わりたい だけでなく、

具体的にどうなっていたら成功なのかイメージできるまで言語化します。

また叶った時の感情も決めておくと、ワクワクと動き出せるようになります^^

そして期限や数値を入れると、

目先の誘惑に負けず一点集中でゴールに向けて行動できます。

今できることを小さく始める

決めたはいいけど、最初の一歩がしんどい…

こう感じるのは当たり前です!

行動する時、最初の一歩に大きなエネルギーを必要とします。

これは冒頭で述べたように変化から身を守るために

潜在意識が行動を止めようとするからです。

逆に考えると、潜在意識の現状維持バイアスが働かないようにすれば

自分を変える行動ができるようになります。

そのためにも、潜在意識に変化を感じさせないことが大切になります。

まずは小さな行動から始めることが、最初の一歩を踏み出すコツです!

  • いきなり公園で1キロ走ろう!
  • まずは家で5回スクワットできたらOK!

自分がこれなら無理せずにできると感じるところまでハードルを下げましょう。

自転車も最初の漕ぎ出しはペダルが重くてきついですよね。

ただ、その後は安定して軽くペダルを漕げるようになります。

先ほどの脳の仕組みと同じで、最初の一歩さえクリアすれば人はスイスイ行動できます。

最初の一歩は小さく動いて、潜在意識に徐々に変化に慣れてもらいましょう^^

行動した時としなかった時をイメージする

自分の感情に訴えかけることも有効です。

運動をしようと思ったけど、ダラダラしたい…。

このように目先の誘惑に負けそうになるときは

行動した時としなかった時の両方をイメージします。

「運動した後の自分はどうなっている?」

汗をかいて体も心もスッキリ!

たった10分だけだけど、自分のために行動できて充実感でいっぱい

「運動せずにダラダラした後の自分はどうなっている?」

決めたことを守れない自分にモヤモヤ……

時間も無駄にしてしまって罪悪感でいっぱい

両方考えた後にどっちが良い?と問いかけます。

こうすると、自分が望む行動をスムーズに取りやすくなります。

また時には体が疲れていて、休む行動が必要な時もあります。

あくまで一例ですので、

その時自分が1番望んでいる行動を選択してくださいね。

ひらめいたら5秒以内に始める

〇〇しよう!と思ったら、5秒カウントダウンします。

その間に行動を始めてみましょう。

動けない原因の1つが「考え過ぎ」です。

ひらめいたのに悩んだり、考えたりすると

できない理由を探し始めて行動できなくなります。

5秒以内に動き出せば、考える余地がなくなるので

シンプルに動き出せるようになりますよ♪

まずは5分やってみる

5秒以内に動き出せたら、まずは5分やってみましょう!

5分だったら簡単にできると思えるので行動しやすくなります。

掃除のように最初は億劫に感じることもことも

やり始めたら、止まらなくなることありませんか?

人の脳は動き出すやる気を起こす神経伝達物質「ドーパミン」

放出する仕組みになっているからです。

じっとしていては、いつまで経っても動き出すことはできません!

自分にまずは5分やってみよう!と声をかけて軽く動いてみましょう。

行動した自分を褒める

最後に行動できた自分を褒めることも大切です^^

変わりたいけど変われない、行動できない私だったのに

自分のために5分行動できた。これだけでも大きな成長です!

ノートに書き出したり、声に出したりしてチャレンジできた自分を讃えてください!

その喜びがまた行動する原動力に変わります。

自分を変えたい人が自分を変える5つの方法

自分を変えると言っても何をどう変えたらいいの?

と悩んでいる方もいらっしゃると思います。

そんなあなたは以下の5つを変えてみましょう!

どれも日常でできることですが、自分の在り方や人生に直結するものです。

すぐに始められるので、できるものからチャレンジしてみましょう^^

思考・捉え方

人の行動は潜在意識に蓄積されたこれまでの記憶に大きく影響されます。

潜在意識の記憶がポジティブならば、自ずと行動や感情もポジティブになります。

つまり自分の思考や捉え方によって、潜在意識の記憶も大きく変わるのです。

まずは「」から物事を前向きに捉えたり

自分に「大丈夫」と声をかけて安心させてあげましょう。

こうして前向きな思考や捉え方をしていくと、

これからの潜在意識が良いものに書き換わります。

また、これまでの人生で作り上げたネガティブな潜在意識

少しずつ書き換えることができるようになります。

コップに入った汚ない水に綺麗な水を絶えず流して

最終的に綺麗な水で満たしていくイメージ

少しずつ潜在意識を書き換えていきましょう。

時間の使い方

1日の時間は皆、平等です。あなたは今こんなことに時間を使っていませんか?

  • 未来を思い悩み不安になる時間
  • 今、目先の誘惑に流される時間
  • 過去のモヤモヤを思い返す時間

まずは目を背けたくなるかもしれませんが、

自分がどんな時間の使い方をしているか自覚することが大切です。

このままではいけないと感じたら、次にどんなことに時間を使いたいのか決めましょう。

  • 理想の働き方を叶えるためにリサーチをする
  • 理想の体型になれるように、簡単な運動を始める
  • 自分の心と体を整えるために、早く寝る
  • 疲れた自分を労わるためにマッサージをする

自分のために時間を使えるようになると、充実感や達成感に満ちた1日になります。

また自分のために動けたことで自己肯定感が高まります。

自分と向き合って、時間の使い方を見直す。

これも自分を変える行動の1つになります。ぜひやってみて下さい^^

身を置く環境や付き合う人

あなたは今どんな環境で、どんな人と付き合っていますか?

  • 愚痴ばかりでネガティブな人
  • 現状維持で成長を感じられない環境
  • 気分の乗らない友人との集まり

潜在意識は現実と想像を区別できません。

主語を判別できません。

つまり、身を置く環境や付き合う人から受け取った経験や言葉や感情

そのまま自分の潜在意識に蓄積されていきます。

いくら頭でこれは自分とは違うと思ったとしても関係ありません。

自分がありのままでいられて心地良いと感じる環境や人を選ぶことも

自分を変えるためには大切です。

まずはできるところから、小さく動いて変えていきましょう!

日常における小さな選択や行動

自分を変えたいと思った時にいきなり大きな行動を取る必要はありません。

何度もお伝えしていますが「小さく動く」と軽く動き出せます。

そして継続することができます。その先に大きな変化があるのです。

まずは日常の中の選択や行動を変えてみることから始めてみましょう!

  • コーヒー派の人はあえて紅茶を飲んでみる。
  • 淡い色の服を好んで着るけど、濃い色の服を買ってみる。
  • いつもはアクセサリーを付けないけど、付けてみる。
  • いつもより15分早く起きてみる。

今までと同じ行動では自分を変えられません。

だけど、日常の中に小さな変化を起こせば、自ずと他のことも派生して変わっていきます。

いつもと違う行動、真逆の行動を意識して、小さな変化を楽しんでください^^

手放せない悪習慣

新しい習慣を始めることも大事ですが、それと同じくらい悪習慣を手放すことも大事です!

  • スマホを目的もなくダラダラと見てしまう。
  • ついついお菓子を食べ過ぎてしまう。
  • 就寝時間が遅くなってしまう。

このように今手放したい悪習慣をまずは書き出して自覚してみましょう。

そして悪習慣に使っていた時間未来の自分のための行動に置き換えれば

自分を変えることができます!

「あなたが手放したい悪習慣は何ですか?」

【まとめ】変わりたいけど変われないのは当たり前!小さく行動して自分を変えていこう!

変わりたいけど変われない…

やると決めたのに実行できなかった…

今の自分はダメだから変わらなきゃ!

変わりたいのに変われない自分を責めていませんか?

もちろん未来のために変わろうとすることは素晴らしいことです。

ですが変われない自分を責めたり、今の自分を否定したりすると

自己受容感・自己肯定感が下がってしまいます。

せっかく自分を良くしようと動いているのに逆効果になったら悲しいですよね。

1. 変われないのはあなたがダメなのではなく

  潜在意識があなたを変化から守るために現状維持しようとするからです。

2. 今のあなたも十分価値があり、素晴らしい存在です。

この2点をセットして、変われない時は

また潜在意識の優しさだな…!と軽く捉えてみましょう^^

潜在意識が気付かないくらいの小さな行動をこっそり重ねて継続していけば

次第に自分を変える行動が定着します。

その先に今の自分からさらに飛躍したあなたが待っています!

動き出したくなってきましたか?

ぜひ1つで良いのですぐに実行してみましょう♪

応援しています^^

最後まで読んでいただきありがとうございました!

Small Step Action

◎「自分を変える行動ができない人の特徴」に該当するものをチェックする(現状を知る)

◎ 自分を変える行動のために取り入れるマインド・コツを記事の中から1つ決める

◎ 未来の結果を決めて、今できることをたった1つ始める!

期間限定のお知らせ

自分に合った働き方がしたい。
でも、適職診断がしっくりこない!
という方へ

公式LINEアカウントをお友だち追加してくださった方に期間限定で「自分に合った働き方の答えを惹き出す21の質問」を無料でプレゼントしています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次